光触媒抗菌コートは一般的な掃除・消毒とどこが違うの?

一般的な掃除や消毒は、徹底して行なったとしても長期的に効果を期待できないという欠点があります。

そのときだけは効果がありますが、人が触れたりすれば効果は下がり、また一から掃除・消毒をする必要があります。

となると、健康的に過ごしたくても不安も残るし、何度も掃除と消毒を繰り返すことで、無限に費用も掛かってしまいます。

また、洗剤や消毒液の使い方を間違えれば、人や環境に悪影響を与えますし、深刻な健康上の問題を引き起こすこともあります。

このような欠点を補うためにも「光触媒抗菌コート」はとても有効です。

従来の光触媒抗菌コートと「ナノゾーンコート」の違い

光触媒抗菌コートには酸化チタンが欠かせないのですが、従来の光触媒抗菌コートだと、

  • 自力で施工面に結合できないのでバインダー(接着剤)が必要
  • バインダーに埋もれた酸化チタン粒子は効果を発揮できない
  • 酸化チタン粒子の表面積が小さいので強い太陽光が必要

といった課題点がありました。

しかし、「ナノゾーンコート」に使用するナノゾーンソリューションの酸化チタンは

  • 従来の3万分の1の大きさに成功した粒子なので重力の影響を受けなくなり、自力で施工面に結合できるのでバインダー(接着剤)を必要としない
  • バインダーがないので酸化チタン粒子はむき出しとなるため、すべての酸化チタン粒子が効果を発揮する
  • 世界最小レベルの2nmのため粒子の表面積が大きく、わずかな光(可視光線)でも大きな効果を発揮する

といった感じで、これまでの酸化チタンの課題点をクリアしています。

ナノゾーンコートを施工しておくと光がある限り、長期的に効果が続き、カビ、細菌などの微生物やウイルスの死滅もしくは不活性化が期待できます。

関連ページはこちら
エビデンス
光触媒の効果・特徴
従来の光触媒との違い
光触媒の施工方法
施工価格
お客様の声
よくあるご質問