みなさん、こんにちは〜!!
金属が錆びて困ったな〜ってことになっていませんか?
宮崎県の高原町にあるお掃除の会社クリンシア の『クリアシュシュ ショップ』店長 の中堂薗歩美(なかどうぞの あゆみ)です。
『ぞの』もしくは『ぞのちゃん』って呼んでくださいね〜!!
ぞのって誰?という方は→コチラ

 

 

気づいたら金属が錆びていたって経験、みなさんにもありますか?

金属ってこの世に酸素と水がある限り錆びるものなんです。どうしようもありません。

でも、そんなサビも正しい予防をすればサビを防ぐこともできますし、もし錆びついても適したお掃除アイテムを使えば業者さんに頼まなくても自分でカンタンに落とすこともできます。

今回はそんな便利なお掃除アイテムの紹介です♪

みなさんのお掃除に役立ち、悩みが解消されると嬉しいです。

 

見落とされがち!トイレの手洗器の下の配管のサビ

トイレの手洗器の下の配管ってお掃除が行き届かなくて気付いたら錆びていたって事もよくあるようで、わたしたち、お掃除のプロもお客様にサビが気になるからキレイにして欲しいと依頼をたくさんいただくのですが、実はある商品を使ってキレイにしています。

その商品をどのように使ってサビを取っているのか、ちょこっとお伝えしたいと思います。

こちらの写真はトイレの手洗い器の下の配管です。

サビが酷く、お客様もちょっとこれはキレイに落としきれるのか不安な気持ちで依頼されて来られました。

多少傷がついても構わないと言われましたが、お掃除のプロとしては傷を付けたくはありません!!

プロも使っている泡立つスチールタワシでサビ落とし

わたしたちお掃除のプロは、汚れによって洗剤を使い分けているのはもちろんで、対象物の材質にも注意して洗剤や道具を使い分けています。

今回、配管のサビ落しに使ったのは『ニュースクランブル』という洗剤つきのスチームタワシです。

配管のようなサビ落しだけでなく、鍋やフライパンのコゲ落としや流し台やガスレンジの頑固な油汚れにも使えるタワシです。

 

水につけて擦るだけでサビを落とします!

使い方はとっても簡単で、汚れとなる対象物を水で濡らすか、スチールタワシを水で濡らします。

そしてそのまま擦るだけです。

このスチールタワシには石鹸が含まれているので、最後まで泡立ちが良く、泡立ちがなくなるまで何回でも使えます。

最後は水で洗い流し、水分を拭き取ります。

ピカピカがよみがえりました〜♪

これまでずっと気になっていた、そして諦め掛けていた配管のサビが見事に落ちました!

お客様もまさかこんなに傷も付けずにキレイになるなんて想像していなかったらしく、かなり喜んでいただけました。

酸素と水がある限り、金属はサビ続けます

キレイになったからといって油断は禁物です!金属はこの世に酸素と水がある限りどうしても錆びてしまうものなんですよ〜。困ったものです。

もし錆びてしまったら、今回紹介した『ニュースクランブル』でサビを落としてしまえば良いのですが、キレイになった後は、日頃のお掃除として金属を酸化させないためにアルカリ電解水『クリアシュシュ』で拭き掃除をするとサビを防ぐことができます。

IMG_7720.jpg

金属はこの世に酸素と水がある限り錆び続けます。

でも、サビはアルカリ電解水『クリアシュシュ』での拭き掃除で予防できるし、もし錆びついてしまってもキズを付けずに落とせてお掃除のプロも使い続けている『ニュースクランブル』を使うとピカピカがよみがえります!

みなさんのサビに関する悩みが少しでも解消されたでしょうか?

これからも、みなさんの暮らしに役立つ知恵をお伝えしていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

 

03071136_58be1c946dd45.jpg

サビ、コゲつき等を簡単に落とす『ニュースクランブル』

 

SNSも楽しんでやってま〜す♪
中堂薗歩美 facebook
中堂薗歩美 Twitter
中堂薗歩美 Instagram
()クリンシア 『キレイな暮らし』Instagram

 

有限会社 クリンシア 
〒889-4412 宮崎県西諸県郡高原町大字西麓335-2
Tel:0984-42-1972
営業時間:8:00〜17:15
定休日:土・日・祝日
オンライン公式ショップページ

 

The following two tabs change content below.

中堂薗歩美(なかどうぞのあゆみ)

宮崎県高原町のお掃除会社「有限会社クリンシア」で取締役をしています、中堂薗歩美です。 元掃除嫌いで、清掃経験、資格、人脈なしでしたが、2015年清掃会社社長との結婚を機に、清掃を勉強しはじめました。 ブログ、SNS、LIMIA(105万PV突破ランキングユーザー部門1位獲得)で日々掃除ネタを発信しています。 清掃業界誌2019年5月号特集記事掲載。