レンジのお掃除に向いてるアルカリ電解水で手間と時間を省く掃除術

わたしもあなたも与えられた時間は1日24時間、みんな一緒。

その与えられた時間で、お掃除にかかる時間を減らし、浮いた時間で自分が好きなことをしたり、大切な人と過ごす時間を楽しいものにできたら、きっとより暮らしは豊かになると思います。

今回は、あなたやあなたの周りにいる大切な人のために、『暮らしを豊かにするためのレンジの時短掃除方法』をお伝えてしていきます。

お掃除しにくい電化製品

お掃除しにくい物の一つとして、電化製品があると思います。

水に濡れたら故障の原因になったり、サビやすくなってしまったり、そういう電化製品って意外とお掃除に時間がかかってしまっていたりしますよね。

そんな電化製品は、界面活性剤を含まない洗剤を使ってお掃除すると、短時間で安心・安全にキレイにすることができます。

界面活性剤を含む洗剤ってよく泡立ちますよね?

泡立ちが良い洗剤こそよく汚れを落とせる!とイメージされる方もいらっしゃるようですけど、界面活性剤を含む洗剤を使った場合はしっかり水ですすぐことがとっても大切なんです。

なぜかというと、界面活性剤は油汚れととっても仲良しで油汚れをくっつけて落とすので、お掃除したところに界面活性剤が残っているとそこにまた油汚れはくっついて汚れやすくなってしまうからなんです。

なので、界面活性剤を含む洗剤で泡立ててお掃除した場合は、しっかり水ですすぐことがとっても大切です。

 

だからといって、しっかり水ですすぐのも時間と手間がかかります。

ただでさえ、時間を有効に使いたいと思っているのに、あまりにもお掃除に手間と時間がかかってしまっていては、お掃除を先延ばしにしたり、見なかったことにしたくなりますよね。

その気持ち、よ〜くわかります。

電化製品のお掃除に水をバシャバシャ使えない場合なんて、何度も何度も水拭きが必要になってきます。

そういった手間と時間を省くためにも、これからご紹介するレンジのお掃除方法を試していただけるといいな〜って思います。

時間と手間のかからないレンジのお掃除方法

まずは、汚れにあった、界面活性剤を含まない洗剤を選ぶことが大切です。

レンジの中の汚れは油を含むものが多く、そういった油汚れは中性〜アルカリ性の洗剤でお掃除するといいんですよ。

重曹を水に溶かして重曹水を作り、それをお掃除に使うのもオススメです。

でも、必ず水に溶ける量の重曹を溶かすようにしてくださいね。

じゃないと、乾燥してから重曹が白い結晶のように浮き出てきちゃうこともあり、重曹小さじ1の量なら水は100ml程度が良いみたいですよ。

「重曹が水に溶けきれなかったらイヤだな〜」

と思って、重曹の量を減らしてしまうと、洗浄力は低くなってしまうし、元々重曹の油汚れに対する洗浄力ってそこまで期待できないのが現実です。

あなたも経験ありませんか?

「重曹水でお掃除すれば、油汚れがよく落ちます!」っていう情報を鵜呑みにしてお掃除してみたいけど、うちの汚れは落ちないじゃない!って経験が。

そんな経験があるあなたにピッタリの洗剤は、アルカリ電解水『クリアシュシュ』です!

重曹よりも洗浄力が高く、重曹が水に溶ける量を気にするような面倒な手間もいりません。

『クリアシュシュ』はpHが13.1と洗浄力も高く、『クリアシュシュ』を5倍に薄めてもpHは12.5でまだまだ高い状態で、除菌効果も優れています。

もちろん原液で使われた方が洗浄効果は高いんですけど、5倍ほどに薄めても洗浄効果は高いのでオススメなんです。

いざ、レンジをお掃除です!

まず、お掃除の準備をしましょう。
レンジ内に直接スプレーするのも良いんですけど、

写真のように、容器に『クリアシュシュ』を入れて、水で軽く薄めて(5倍希釈だと、クリアシュシュ40mlに対して水160ml)

そこにマイクロファイバークロスを浸し、じんわり染み込ませます。

液が滴り落ちない程度に軽く絞ります。

その絞ったマイクロファイバークロスをレンジで温めます。(500wで20〜30秒程度。)

なぜ、温めるのかというと『洗浄力がアップ』するからなんです!

温かいお湯で洗い物をした時の方が、汚れが落ちやすかったりしますよね?

それと同じです。

熱くなりすぎた場合は、ちょっと冷ましてから使うようにしてください。

くれぐれもヤケドをしないように気をつけてくださいね。

その温かいマイクロファイバークロスでレンジ内を拭いていきます。

天井を拭き拭き〜。

奥の壁も拭き拭き〜。

穴の開いた部分に直接洗剤をスプレーするのは危険です。

そこは特にスプレーするのは避けたほうが良いですし、穴が開いた部分の周辺こそ洗剤を含ませたクロスで拭き取るのが一番良い手だと思います。

クロスが汚れてきたら、クロスをまだ汚れていない面で拭けるように折り方を変えてみてください。

落としにくいしつこい汚れだったら、希釈の濃度を濃くしたり、希釈せずに原液のまま使ってみると良さそうですよ。

一通りレンジの拭き掃除が終わって、液が残っている場合は、炊飯器やミキサーなどの電化製品も一緒に拭き掃除しちゃうのをオススメします♬

アルカリ電解水『クリアシュシュ』は汚れに反応すると水に戻る性質があるので、水拭きを何度も何度もする必要もありません。

ベタベタ感もなく、拭き上がりもサラサラ〜と気持ちが良いぐらいなんですよ。

お掃除しにくい電化製品ほど、アルカリ電解水『クリアシュシュ』を使ったお掃除方法がオススメです。

お掃除に手間と時間をかけずに、短時間でお掃除を終わらせ、浮いた時間をあなたが好きなように使ってしまいましょう!

このようなかんたんなお掃除の積み重ねが、より暮らしを楽しく豊かにするのではないかな〜と思います。

 

このお掃除方法が、お掃除に手間や時間がかかってしまっているあなたの暮らしに役立ち、さらに豊かに過ごせるきっかけになると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回レンジのお掃除に使用したアルカリ電解水『クリアシュシュ』はオンライン公式ショップやAmazonでご購入いただけます。

どうぞお時間がある時にでも、のぞいてみてください。

オンライン公式ショップはサイズも豊富です!こちらからどうぞ ➡︎ アルカリ電解水『クリアシュシュ』

 

Amazonからのご購入はこちらからどうぞ⬇︎